スポンサードリンク
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
- | - | -
1980年代は女性アイドルの黄金時代
1980年代は女性アイドルの黄金時代であった。正統派の松田聖子を筆頭に、それに続く中森明菜から邪道とされるおニャン子クラブまでさまざまなタイプの女性アイドルが現れた。女性アイドルのプロデュース手法は、この時代に確立されたものである。1980年代前半は、1980年デビューの松田聖子を初め、1982年デビューの中森明菜を筆頭とした花の82年組が続き、多数のアイドルが生まれ、アイドル黄金時代と呼ばれる。

80年代アイドル全盛期の中でも、アイドルの当たり年は一般に、1980年、1982年、1985年と言われている。1980年:松田聖子、河合奈保子、三原順子、岩崎良美、柏原芳恵など。1982年:中森明菜、松本伊代、小泉今日子、早見優、石川秀美、堀ちえみなど。1985年:おニャン子クラブ(工藤静香らが所属)、中山美穂、本田美奈子、芳本美代子、斉藤由貴、南野陽子、浅香唯など。特に、中山・南野・浅香・工藤は「アイドル四天王」とも呼ばれた。特徴は、デビュー時にキャッチフレーズが付けられていたことである。

松田聖子:抱きしめたいミスソニー、中森明菜:ちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ)、山瀬まみ:国民のおもちゃ、新発売(なお、National Pastime―「国民のおもちゃ」というバンドもアメリカに実在した) など 、80年代前半の一時期は、歌詞に自分の年齢を入れることも流行した。松田聖子:エイティーン、中森明菜:少女A、松本伊代:センチメンタル・ジャーニー、小泉今日子:私の16才 など。1980年代終盤に入るとロックやニューミュージックバンドが台頭するようになり、工藤静香やWink、森高千里を最後にアイドル歌手は凋落し始めていく。バラエティアイドル(バラドル)が登場した。

代表に松本明子、井森美幸、森口博子、山瀬まみ。素人集団を売りとしたおニャン子クラブが業界を席巻した1985年以降は、従来の神秘的イメージを売りにしたアイドルは普通っぽさを売りにした身近なアイドルにとってかわられて行く。従来の「歌手」から、テレビCMや雑誌のグラビアなど、ビジュアルを主体とした「モデル」型、豊満なバスト(巨乳)を売りとした「グラビアアイドル」が新たなアイドル像を形成した。「モデル」型では「3M」(宮沢りえ・観月ありさ・牧瀬里穂)がテレビCMで人気を博し、「グラビアアイドル」ではかとうれいこ、細川ふみえ、山田まりやなど。

アイドル歌手、アイドル女優を多数生み出してきた大手事務所もグラビア市場に参入しグラビアアイドルが市民権を得る。1988年頃から1993年頃にかけては、それまでの歌手活動を中心とする女性アイドルは、CoCoの台頭が目立ったはものの、テレビの歌番組の衰退とともに「アイドル冬の時代(または「アイドル氷河期」)」に入る。若手女性タレントが自らをアイドルと名乗ることが一部を除きタブー化していった。1990年代中盤は小室哲哉プロデュースによる歌手たちや安室奈美恵、SPEEDら沖縄アクターズスクール勢がヒットを連発した。

Shadeなどの3DCGアプリケーションソフトウェアを利用することによるアイドル像を模索する動きも見られた。しかし2008年現在では、リアルタイムで連続的に動かしたり、状況に即して応答するなどの技術面では依然として発展途上にあり、また知名度もマイナーアイドルの域を出ないことから、一般のアイドルに混じって同等あるいはそれ以上の収益を生む仕事をこなすバーチャルアイドルは、未だに存在していない。バーチャルアイドルも、目新しさがなくなるにつれ、一般からの注目度が下がっている傾向は否定できず、登場当初の活動規模よりも小規模な活動が見られる程度である。
アイドル水着 | - | -
小向美奈子と宮地真緒
小向美奈子と宮地真緒ら、既存の癒し系グラドル達の勢いを止められる存在がいなかったといえるだろう。その一方でこの時期には、小柄な妹系グラドルとして市川由衣(当時エイジ、現研音所属)、アバンギャルドの小倉優子、ホリエージェンシーの磯山さやか、今時のギャル系グラドルとしてプラチナムプロダクションの若槻千夏、大人っぽいセクシー路線として比較的高めの年齢層を狙ったアーティストハウス・ピラミッドの熊田曜子である。

また、イエローキャブからはバスト103cmという規格外の巨乳を持った根本はるみ、後に「ワカパイ」の愛称で人気となる井上和香がこの年を前後してグラビアデビューを飾っていて、翌年以降のブレイクを期待させた。またローティーンのうちに大きな芸能オーディションで賞を獲得したアイドル候補達が、この頃続々とグラビアに進出している。

その最たる存在が上戸彩と長澤まさみで、1997年に行なわれた大手芸能事務所であるオスカープロモーション主宰の『第7回全日本国民的美少女コンテスト』で審査員特別賞を受賞し芸能界入りした上戸彩が、この年に自身が出演したドラマ「3年B組金八先生」で性同一性障害という問題を抱えた女生徒役を好演し注目を集め、また2000年に行なわれた『第5回東宝シンデレラコンテスト』において当時12歳でグランプリを獲得した長澤まさみが女優子役方面でも活躍。

ティーンファッション誌『ピチレモン』の専属モデルを経て、徐々にグラビアアイドル誌での露出も始める。2002年は前年の反動からか、各方面から優れた素質を持つグラドルが多数輩出された豊作の年といってよい。『ミスマガジン2002』では癒し系の系譜を引き継ぐホリプロの和希沙也がグランプリ、アーティストハウス・ピラミッドの安田美沙子がミスヤングマガジンをそれぞれ新人として受賞。またミス週刊少年マガジンには前年の『ポポロガールオーディション』でグランプリを受賞し妹系グラドルとして活躍していたワタナベエンターテインメントの中川翔子が選出。
アイドル水着 | - | -
アイドル水着 河合奈保子
河合奈保子(身長157cm、バスト84cm)、柏原芳恵(156cm、85cm)などが続き、「巨乳」が明確に現れ始めたのは1980年代半ばである。当初はDカップやEカップの女優が登場し、そのタイトルに「巨乳」というキーワードが付けられるようになった。

当時は、そういった流れに反応し、バストの大きい新人アイドルを「巨乳アイドル」と称してグラビア誌に次々と送り出していた。巨乳の持ち主として、かとうれいこ、細川ふみえ、雛形あきこ、山田まりや、佐藤江梨子、小池栄子、MEGUMI、根本はるみらを毎年のように次々とグラビアに送り出し、1990年代のグラビア界に「巨乳ブーム」という一大センセーションが起きた。

流行はイエローキャブのみならず他の芸能事務所にも波及し、青木裕子、優香、酒井若菜、深田恭子、乙葉、井上和香、愛川ゆず季、相澤仁美など今なお多くの巨乳グラビアアイドルが次々と現れている。この流れはグラビアのみならずお笑いの世界にも影響を与えた。

女性アイドル芸人コンビ「パイレーツ」が、『タモリのボキャブラ天国』に出演した際に、披露した自らの巨乳をネタにした『だっちゅーの!』のキーワードでバカ売れし、翌1998年の流行語大賞を受賞した。現代は、90cmオーバーの巨乳を持つ女性アイドルも珍しくなくなった。
アイドル水着 | - | -
癒し系アイドルが最高!
癒し系に入る吉岡美穂が、サントリーDハイ小町及び、全日本GT選手権マリオレーシングチーム・キャンペーンガールとなり業界入りした。トリンプ下着キャンペーンガール、レースクイーン・オブ・ジ・イヤー2001受賞を経て、本格的にテレビ業界に進出した。かつらメーカーのCMに出たことで人気が急上昇し、第40回ゴールデン・アロー賞グラフ賞を受賞している。

繊維素材メーカーの水着キャンギャルは最盛時7社を数え、キャンギャル7名が勢ぞろいした水着ファッションショーは後に女優、タレントとして活躍したモデル(井川遥、植松真美、片瀬那奈、菊川怜、響美、滝沢沙織)が多かったこともあり、伝説になっている。

現代におけるバラエティー番組は非常に多様化しており、番組のカラーに合ったバラドルがそれぞれ出演依頼を受ける。総じて1970年代半ばより現れ始めたグラビアアイドルは、その時代の社会的ニーズや流行によって変遷し、その時代に則した者が大きな人気を獲得しているが、女性を扱ったグラビア掲載誌は1964年創刊の『平凡パンチ』(マガジンハウス刊)、1966年創刊の『週刊プレイボーイ』(集英社刊)などがあったが、当時の女性アイドルは、ほぼすべてがテレビ出演やコンサートでの歌手活動をメインとしていたことで「アイドル歌手」とも呼ばれていた。

井森美幸、山瀬まみ、森口博子らである。彼女たちはもともと歌手としてレコードを発表し正統派アイドルを目指していた(特に、井森、山瀬はともにアイドルの登竜門「ホリプロスカウトキャラバン」でグランプリを獲得している)が、ヒット曲に恵まれなかったことと、気の利いたことを言える頭の回転の良さを買われたことで、バラエティー番組への出演が増え、歌番組への出演が主だった正統派アイドルとは趣の違う存在「バラドル」として認知されるようになった。
アイドル水着 | - | -
グラビアアイドル 川村ゆきえ
グラビアアイドルとは、雑誌やネットなどでは名前を略してグラドルとも呼ばれる。グラビアアイドルの主な活動の場は、雑誌グラビアページや広告宣伝媒体のポスターなどの2次著作物であり、特に男性雑誌では、グラビアの被写体次第で売れ行きが左右される非常に重要なファクターとなっている。

グラビアアイドルとして最も重要視される要素は、外見のビジュアルとスタイル、それを保ち続ける若さである。その特異性から、永続的にグラビアアイドルでありつづけることは実質不可能であり、女性が若さを保ち得るある一定年齢を迎えるまでしか続けることができない。

グラビア界を席捲した存在といえば井上和香である。前年からの勢いをバックに『ワカパイ』の愛称で、かのマリリン・モンローと3サイズが同じというグラマラスなボディーと癒しの深み、イタズラっぽいクリッとした瞳と柔らかさが伝わる厚目の唇という多くの武器を兼ね備えた新時代のグラドルとして『日テレジェニック2003』選出を皮切りに、この年のゴールデン・アロー賞グラフ賞を受賞する。

根本はるみが100センチオーバーのバストを売りに、矢吹春奈が均整の取れた野性味溢れるプロポーションを武器に登場。特に矢吹は後に『完売クイーン』と呼ばれ、彼女がグラビア掲載された雑誌はすぐ売り切れるという逸話まで語られるようになる。

川村ゆきえは、抜群のプロポーションと10代にもかかわらず大人をも凌ぐセクシーさを併せ持った稀有な存在として世の男性陣を虜にしていった。川村は「これから先数年はトップグラビアアイドルとして活躍するだろう」とファンや業界から熱い注目を浴びていた。

しかし、翌年になって所属事務所とのトラブルから移籍問題を起こし、民事訴訟裁判にまで発展。敗訴という結果を受けて移籍先事務所での芸能活動を自粛せざるをえなくなり、一時期芸能界からフェードアウトしてしまう。
アイドル水着 | - | -
グラビアアイドル マスメディアに登場
現在のグラビアアイドルを一般嗜好的に大きく分類すると、セクシーさやエロティックさなど大人っぽさを売りにする者と、子供っぽさなどの可愛らしさを売りにする者の、2極に分けられる。

また、その境界線を繋ぐキーワードとして、20世紀末より日本社会に浸透した「癒し」を売りにする者も現れている。ただし、あるアイドルがどういった分類でグラビア読者に受け入れられるかは、個人的主観が大きく介在するため、明確な基準が存在するわけではない。

前者の、大人っぽさを売りにする者は、10代でデビューした者が20歳を越えてから注目される場合や20代に入ってからデビューするケースが主に当て嵌まる。前歴としてはイベントコンパニオンや企業キャンペーンガール、レースクイーン経験者である場合が多い。

後者の、子供っぽさや清純さを売りにするグラビアアイドルは、10代でデビューするケースが殆ど。場合によっては小学生の段階からグラビア活動をする者も存在するが、子役俳優などと違い、「人前で肌を露出すること」に対する一般的な道徳観念から、またいわゆる義務教育段階の場合は学業優先や法律上の縛りで活動に制約があり、事務所には所属していても中学校卒業を待って正式にデビューする場合が多い。

第7回全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞し、グラビアアイドルとして芸能活動している橋本愛実など、10代のうちは芸能活動は控えめながら、20代に入ってから積極的にグラビアアイドルとしてマスメディアに登場するようになるケースもあり、個人的な事情や所属事務所の営業戦略上の理由で、実際のデビューと本格的な売り出し時期に大きな差異が生まれる場合もある。
アイドル水着 | - | -
イエローキャブの稲森いずみ、吉野公佳、木内あきら
1994年、この年にエポックメーキングな登場をしたのが雛形あきこである。2年前に俳優として芸能界デビューしていたがパッとせず、イエローキャブに移籍して稲森いずみ、吉野公佳、木内あきら等と共に『フジテレビVQ』に選出され水着グラビアを始めるとその素質が一気に開花。俗に「雛ポーズ」と呼ばれる両腕を絞り胸の谷間を強調するポーズは、どこか子供っぽさが残る愛らしい表情と相まって、世の男性の性的欲求を大いに刺激し、これ以降の水着グラビアに1つの方向性を示したといえる。

1995年、青木裕子や坂木優子などが登場し、水着姿の写真集が改めて人気を得た。トピックとして、女性雑誌においてもツーピース水着の特集回数がワンピース水着を上回った。フジテレビVQでは華原朋美、榎本加奈子、遊井亮子、秋本祐希が選出されている。1996年、雑誌グラビア隆盛を受けて、講談社の『ミスマガジン』コンテストが青年誌を舞台とした『ミスヤングマガジン』と名称を変えて復活。

第1回のグランプリにはイエローキャブの山田まりやが選ばれ(山田は同年の『フジテレビVQ』にも選出)、また前述の雛形あきこが前年の活躍を評価されて第29回ゴールデン・アロー賞グラフ賞を受賞するに至り、イエローキャブの名声は『巨乳』のキーワードと共に世間に大いに知れ渡り、隆盛を極める。

グラビアアイドルとは、芸能界に席を置く女性アイドルのうち、雑誌のグラビア、写真集、イメージビデオやDVDへの出演を主な活動とし、なおかつ主に水着姿の写真を売りにする者たちの総称であり、職業分類的な肩書きの1つ。雑誌やネットなどでは名前を略してグラドルとも呼ばれる。キャンペーンガール(Campaign Girl、略称キャンギャル)は、企業が消費者に対して、自社商品の販売促進キャンペーンで、もしくは自社の企業イメージをプロモーションする際に登用するモデルやタレントなどのことを言う。イメージガール、キャンペーンモデル、キャンギャルなど様々な呼称が存在するが、果たしている役割はほぼ同一である。

広義には、街頭や展示会で商品を宣伝するコンパニオン、地方自治体のミスや観光大使などを含める場合もある。水着やビールなどの販促キャンペーンで用いられる例が最も知られているが、現在ではあらゆる業界でキャンペーンガールが使われている。また、こうしたキャンペーンガールがグラビアアイドル等芸能界への登竜門となっている。イベントコンパニオンという仕事が一般に認知されたのは、高度経済成長期の末期である1970年に行われた大阪万博だと言われている。この当時は現在と違い大規模なイベントや展示会も少ない上、初の万国博覧会ということで語学力や接客マナーなども求められたため、大学や短大卒の良家の子女が多く従事していると伝えられた。

JUGEMテーマ:芸能
アイドル水着 | - | -
グラビアアイドルの職業経験
グラビアアイドルの多くは、グラビアより先に何らかの職業経験を積んでからグラビアの世界に参入してきた人材であり、この傾向は今後もグラビアにおけるもう1つの潮流となっている。なお『テレ朝エンジェルアイ』は後発であったことや、起用したアイドルの反響が思いのほか少なかったことからこの年限りで廃止になっている。『ミスマガジン2004』では、グランプリに小阪由佳、読者特別賞に山崎真実、審査員特別賞に松嶋初音という純グラドルが選ばれたのに対し、『ヤングジャンプ制コレ2004』では森絵梨佳(「SEVENTEEN」)、平田薫(CANDy)等ティーンファッション誌モデル出身者が受賞。

この頃からティーンファション誌モデルが高校生に進級した時期に合わせてグラビアに進出させる、いわゆる青田買いが増え始め、「SEVENTEEN」の専属モデルだった榮倉奈々や「nicola」の専属モデルだった新垣結衣、リクルート「ゼクシィ」のTVCMでブレイクした加藤ローサなどが代表格となっている。また、既にテレビタレントとして活躍中の眞鍋かをりがこの年の末に自身のブログで伊達眼鏡姿を公開し、これを契機に一気にトラックバック数日本記録を樹立する。これが各方面で話題になり、彼女の功績によりブログというネットツールが広く知れ渡るようになったことで、ついには「ブログの女王」と呼ばれるようになる。

また翌年には自身のオタク知識を前面に押し出したブログで中川翔子が話題になり、そこで展開される「ギザ、かわユス」などの独特なネット言葉が注目を浴びた。こちらもまた大きな話題になり眞鍋に対してこちらは「新ブログの女王」と呼ばれる。この2名の出自から更にグラドルの知名度は上がった。なおこの頃から若槻千夏や小倉優子の後を追うようにグラビアと並行してテレビバラエティに進出するグラドルが多数現れ、深夜番組に留まらず、ゴールデンタイムなどにも頻繁に顔を出すようになり、大抵の番組では俗に「グラビアアイドル枠」といわれるものが設けられ、芸人等に混じり番組を盛り上げる役としてお茶の間の人気を獲得していく。

2005年、それまであまり知られていなかった新人グラビアアイドルが突如として現れる。まず年頭からフジテレビの競馬情報番組『うまッチ!』にレギュラーとして起用された工藤里紗がブレイク。番組は若槻千夏の初の冠番組で東日本のローカル放送ではあったが、同浜田翔子、折原みか、海川ひとみなどが続々と追従した。また若槻千夏は既にバラエティタレントのイメージが定着していたが、翌年の5月の自身の誕生日に合わせ3年ぶりに写真集を発売。こちらはプライベートスナップを意識したもので作品イメージは秋山らのそれとは異なるが、その中心にお尻を強調した写真を多数使用。

写真作品としてのファッション性が異性のみならず同性からも高評価を受け、グラビアアイドルとしての存在感を強烈にアピールした。1988年に星野裕子(ほしの・ゆうこ)の名でグラビアやイメージビデオでデビューしたが、ほどなく星野麗子(ほしの・れいこ)に改名。1989年に(第16代)'90クラリオンガールに選出された際にかとうれいことなり、'91年度アサヒビールイメージガールにも選ばれた。
アイドル水着 | - | -
仲根かすみのグラビア進出
デビューから時間を経て人気が出てきたものもいる。2年前に第1回クレアラシル「ぴかぴかフェイスコンテスト」でグランプリを獲得し芸能界デビューしていた広末涼子がNTTドコモのポケベルCMで全国区となり、可憐な美少女キャラとしてグラビアにも進出。『ショートカット』という流行キーワードを生み出し、多くのファンの心を虜にした。1993年にねずみっ子クラブでデビューしていた仲根かすみがこの年以降ソロとしてグラビア活動を始めて人気を得る。同じ頃川村ひかるがグラビアデビューを飾っている。

1997年、この年でグラビア界で一番大きな出来事といえば、大手芸能事務所ホリプロをバックボーンにしたグラビアアイドル優香のデビューである。幼さを感じさせる愛らしいルックスとそれに似合わぬ巨乳の持ち主というギャップで一気にグラビアクイーンに。その後も司会業から芸人並みのコントまでこなせる幅広い適応能力が評価されて人気タレントになったが、グラドル時代に発売されたDVDや写真集は今なお売れ続けている。

そしてこれを皮切りに他の芸能事務所もイエローキャブの手法、いわゆる「巨乳ブーム」に追随する動きが出ている。この時の事を野田・現サンズエンタテインメント社長は『自分たちは小さい事務所だから自分トコのタレントを世間に知ってもらう為にはグラビアみたいなところから始めるしかなかった。でもそこに大手のホリプロが入ってきたからね。優香はホリプロの大看板を背負って出てきたわけ。

やっと認知されたなって、それまでも少しづつ変わっていたけど、優香が売れたことによって巨乳=トロイみたいな認識から、その子の頭の良さや人間性に注目してくれるようになったよね。』と語っている(QuickJapan Vol.68「特集グラビアアイドル」の対談記事から)。優香はデビュー1年後の1998年の第36回ゴールデンアロー賞グラフ賞を皮切りに1999年第37回最優秀新人賞・放送新人賞、2000年第38回放送賞と3年連続でゴールデンアロー賞を受賞し、第40回ゴールデンアロー賞でゴールデングラフ賞の記念表彰を受ける快挙を成し遂げて、グラビアアイドルの地位向上に大きく貢献した。

優香の成功によりグラビアアイドルは、ついにその強固なステータスを業界内に築き上げることになった。この流れに乗るようにアーティストハウス・ピラミッドの柳明日香もフジテレビVQに選出され人気を獲得している。なんで1st写真集でこうなるんだ、という残念な感じがします。表情のとられ方は、初期に比べると大分安定してきています。表情のバリエーションも多く、安定した魅力が出せるようになっていると思う。スタイル面では競泳水着で見せるスレンダーな感じも魅力的。初期のシャープさは若干弱まり、女性らしいふくよかさが出てきていますが、これはこれで魅力的に感じる人の方が多いと思う。

前半の白ワンピースや制服のカットには、良いと感じられる物が多い。そう、衣装とシチュエーションなんですよ、この写真集の課題は。なんで1stでこういう仕上がりにするかなー。本人の成長があるだけに、非常にもったいない気がします。福永ちなが表紙と巻頭、センター合わせて11P。ビジュアルの撮られ方が厳しいです。仲根かすみもこういう、悪い時には抜けて見える傾向が在りました。何となくメイクの問題のような気がするな。
アイドル水着 | - | -
グラビアアイドル 宮地真緒
宮地真緒(翌年『旭化成水着キャンペーンガール』に抜擢)ら好素材が選出されて気を吐いたものの、大筋この年は既存の癒し系グラドル達の勢いを止められる存在がいなかったといえるだろう。その一方でこの時期には、小柄な妹系グラドルとして市川由衣(当時エイジ、現研音所属)、アバンギャルドの小倉優子、ホリエージェンシーの磯山さやか、今時のギャル系グラドルとしてプラチナムプロダクションの若槻千夏など。

また、大人っぽいセクシー路線として比較的高めの年齢層を狙ったアーティストハウス・ピラミッドの熊田曜子、イエローキャブからはバスト103cmという規格外の巨乳を持った根本はるみ、後に「ワカパイ」の愛称で人気となる井上和香がこの年を前後してグラビアデビューを飾っている。

翌年以降のブレイクを期待させたローティーンのうちに、大きな芸能オーディションで賞を獲得したアイドル候補達が、この頃続々とグラビアに進出している。その最たる存在が上戸彩と長澤まさみで、1997年に行なわれた大手芸能事務所であるオスカープロモーション主宰の『第7回全日本国民的美少女コンテスト』で審査員特別賞を受賞し芸能界入りした上戸彩が、この年に自身が出演したドラマで注目を集めた。

『第5回東宝シンデレラコンテスト』において当時12歳でグランプリを獲得した長澤まさみが女優子役方面でも活躍しつつ、ティーンファッション誌『ピチレモン』の専属モデルを経て、徐々にグラビアアイドル誌での露出も始める。2002年は前年の反動からか、各方面から優れた素質を持つグラドルが多数輩出された豊作の年といってよい。
アイドル水着 | - | -
スポンサードリンク
Categories
Search this site :